忍者ブログ
コーヒー好きがコーヒーに関する情報を紹介するブログです。
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



UCC GOLD SPECIAL ゴールドスペシャル リッチブレンド
レギュラーコーヒー豆360g

優雅な香りと深みのある味わい。

リッチブレンド-風味の特徴-
苦味 ★★★☆☆
酸味 ★★☆☆☆
コク  ★★★★★
※中細挽きの場合(当社基準)

生産国:コロンビア、ブラジル他

真空パックを開封すると、やや酸味のする苦めの香り。
しかし飲んでみた感想では、香りほどの酸味はない。
逆に、ちょっと変わった硬質な苦味が気になる。
これは賛否分かれるのでは?

自分にはアメリカンか、
砂糖・ミルク入りのコーヒーかな?

参考価格:東急ストア、イトーヨーカドー498円
PR

キリマンジャロブレンド 豆
(「やまや」店頭のものとはパッケージ、量が違いますが、おそら中身はく同じもの)

すっきりとした酸味と柔らかいボディが特徴のタンザニアAAと、
甘い香りとまろやかなコクのコロンビアをベースに配合し、
キリマンジャロが持つ風味を生かした珈琲です。

レギュラーコーヒー
生産国:タンザニア、コロンビア、他
450g 三本コーヒー

酸味  ★★★☆☆
苦味  ★★☆☆☆
香り  ★★★★☆
コク  ★★★★☆
焙煎度★★★☆☆

「M.M.C」のロゴで有名な三本コーヒーの商品。
袋は白と緑の簡易なデザインで、業務用なのだろうか?

宮城県は仙台市が本社のワインとお酒の専門店
「やまや」でしか見たことが無く、
今までは500gだったが、コーヒー豆の高騰により、
価格据置で450gに減ってしまった。

我が家の全自動コーヒーマシンだと、
表記の通り、酸味は3程度。
しかし、苦味もそこそこあり、
2ではなく、酸味同様3はありそう。
どちらも主張が強く、酸味も苦味も両方味わえる。
豆の量は最少で粗挽きにして、
お湯の抽出量は多めにした方が良いようだ。
それにしてもキリマンジャロブレンドだからだろうか、
飲み口が驚くほどスッキリとしている。
もう少し酸味が弱ければ……。

また、我が家のドリップ式コーヒーメーカーで、
豆3、水5の割合で淹れると、
かなりのアメリカンになるためか、
酸味2、苦味3くらいでなかなかの味になる。
アメリカンコーヒーとして飲むのならば、
1g=約1円なのだから、
コストパフォーマンス的にかなりオススメだ(^^)。

参考価格:498円
1kgは銀色の袋に入り980円。

スペシャルブレンド 豆
(「やまや」店頭のものとはパッケージ、量が違いますが、おそら中身はく同じもの)

甘い香りとまろやかなコクのコロンビアと、
苦味と酸味が絶妙のブラジルサントスをベースに配合し、
バランスの取れた、とても飲みやすい珈琲です。

レギュラーコーヒー
生産国:コロンビア、ブラジル、他
500g 三本コーヒー

酸味  ★★☆☆☆
苦味  ★★☆☆☆
香り  ★★★☆☆
コク  ★★★☆☆
焙煎度★★★☆☆

「M.M.C」のロゴで有名な三本コーヒーの商品。
袋は白と紫の簡易なデザインで、
キリマンジャロブレンド同様、業務用なのだろうか?

キリマンジャロブレンドと同じく、
宮城県は仙台市が本社のワインとお酒の専門店
「やまや」でしか見たことが無い。

表記には酸味が2とあるが、
我が家の全自動コーヒーマシンだと3は感じる。
はっきり言って、おいしくはない。
豆の量は最少で細挽きにして、
お湯の抽出量はやや多めにしたものがベストだが、
それでもイマイチ。

また、我が家のドリップ式コーヒーメーカーで、
豆4、水5で淹れアメリカンにすると、
苦味が勝り、まぁまぁ飲める。
アメリカンコーヒーとして飲むのならば、
1g=約1円なのだから、
コストパフォーマンス的にかなりオススメだ(^^)。

参考価格:498円
1kgは銀色の袋に入り980円。

カークランドシグネチャー ハウスブレンド 

内容量:907g
生豆原産国名:東ティモール、ペルー、メキシコ 他
1,448円

会員制の倉庫型店舗「コストコ」。
そこで販売されているコストコのオリジナルブランド
「カークランド」のコーヒー豆。

パッケージは緑色で「カークランド」製ですが、
中身は、コーヒーチェーンとして有名な
「スターバックス」による焙煎豆。
「ROASTED BY STARBUCKS COFFEE CO.」
と印刷されています。

スターバックスで「ハウスブレンド」を購入すると、
250gで1,000円以上、
つまり100g=約400円もしますが、
コストコで買えば907gが1,448円!
100g=約160円。

苦味が強く、酸味は弱めという味。
全自動マシンで淹れると、それなりの味ですが、
ドリップ式コーヒーメーカーで
アメリカンとして淹れれば、味、香りに文句なし!
かなりの満足感を得られます。
個人的な意見ですが、フレンチプレスには合わないと思います。

コストパフォーマンスを考えれば、
自分の中では最高ランクに入ります。
Copyright © コーヒー好きのコーヒーに関するブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]